専門家に相談しよう!

複雑な問題が生じやすい昨今、誰しも法律的なもめ事に巻き込まれる可能性があります。そのとき、法律の専門家に頼るのが正しい選択だといえます。

トラブル解決の強い味方!~司法書士と弁護士の違いを解説~

弁護士が行い得る行為と司法書士の非弁行為

弁護士が行い得る行為は、法律行為の代理行為全般です。司法書士は、登記などに代理権が限定され、それを超える代理行為は非弁行為という越権行為として扱われます。

訴訟代理権の弁護士と司法書士における相違

弁護士は当然、訴訟代理権を有しています。一方、司法書士の訴訟代理権は特別に認定された者でも簡易裁判所で行われるものに限定されます。

暮らしの困り事をスピード解決!

法律問題に巻き込まれたとき、途方に暮れることもあるでしょうが、何もせずに考えているだけでは事態は悪化します。弁護士の力を借りて早期解決を心がけましょう。

弁護士に相談すべき内容・5選

本

結婚相手の不倫時の慰謝料請求

結婚相手が不倫をした場合、相手方の不貞行為が認められます。不倫をされた側は、精神的苦痛等を受けたとして慰謝料請求ができます。多くは結婚生活を継続しがたいケースに該当するので、弁護士に相談して慰謝料請求の手続きをするといいでしょう。

過払い金などの債務整理

多重債務者は時として、非合法な金利を負担しています。また、グレーゾーン金利の時代に高い金利で債務を追っていた方もいるでしょう。そのとき、弁護士に相談して債務整理をすることで、多重債務者(だった方も含む)は債務の減額や過払い金の返還を受けられる可能性があります。

B型肝炎の給付金

B型肝炎は、国の指導に基づく集団予防接種で針の使い回しが行われたため発症が確認されたウィルス性の肝炎です。B型肝炎の患者には、最大3600万円の給付金が国家賠償請求の示談金として認められます。もし、該当する方がいたら弁護士に相談すると円滑に給付金を得ることができます。

相続問題が発生したとき

相続とは、人の死によって発生する法律的な問題で、財産の分配にも関わります。相続関係が複雑だったり、遺言の内容が曖昧だったりすると新たな火種にもなりかねません。そのため、相続が発生したときに弁護士が役に立つ場合もあります。

交通事故の被害者になったとき

交通事故の被害者になったら、保険会社と過失割合などで折り合いがつかないこともあります。保険会社の提示する金額が、不相当だった場合に被害者は泣き寝入りすることにもなりかねません。交通事故などの不法行為に強い弁護士に相談すれば、良い解決が得られます。

[PR]
大阪での過払いのトラブル
デリケートな問題の解決の方法は豊富な知識を持っている専門家に。

事務所が複数存在する新宿の中から優秀な弁護士を探す方法

女性

法律の知識が必要になる身近な問題とは

ここまでで述べたように、身近なことでも様々な法律問題に巻き込まれる可能性があります。そういった場合に、弁護士に相談すると良いと書いてきました。もしかしたら、ちょっとしたことに弁護士を使うことに気が引ける方がいるかもしれません。しかし、身近な問題こそ、こじれて取り返しのつかない事態になりやすいので、弁護士による素早い法的解決が望まれます。

割れたハート

気軽に相談できる事務所へ

弁護士は、日頃から相談者のために法律問題の相談に乗るための扉を開いているといえます。では、どのような法律事務所に相談をすれば良いのでしょうか。まず、地域に密着した事務所であることが大事です。新宿なら新宿で起こりやすい事案、福岡なら福岡で起こりやすい事案があるからです。また、気軽に相談できる雰囲気づくりを意識している事務所が良いと考えられます。

レディ

費用をチェック!

弁護士に依頼するときの費用が不安になる方もいると思います。着手金や成功報酬、事務管理費などが弁護士の取り分になります。ただ、多くの事務所が相談無料にしているように、法律相談自体の敷居を低くしています。資金に困って法律相談がしにくいという方も、弁護士に依頼するメリットを考えると、弁護士費用で二の足を踏む必要はないといえます。

[PR]
京都の弁護士に残業代請求を頼もう
初期費用0円で着手してくれる

[PR]
福岡にある弁護士事務所を利用
問い合わせを簡単に行なえる

[PR]
交通事故トラブルを東京の弁護士に相談
最悪な状況を迅速に回避

横浜で交通事故問題を解決

広告募集中